【大人の歯科矯正】歯科矯正体験記 矯正するなら早めに!ブランケットとワイヤーを付ける前の虫歯治療&抜歯

  • URLをコピーしました!

こんにちは。同棲ブログを書いているミツです。
マスク生活になってから、歯科矯正を考える方も多いのではないでしょうか。
私もマスク生活になってから歯科矯正を始めました。
今は既に1年以上経過しており、終わりかけではあるのですが、初めを振り返りつつ、終わるまでブログを書き続けようと思います!本当は同棲を始める頃には終わらせている予定だったのですが、、思いの外、遅くなってしまいました。
歯科矯正で悩んでいる方、始めようか迷っている方の参考になればと思います!この記事で下記に記載していますが、「はじめよう!」と思って歯医者に行っても、実際に矯正器具をつけられるまで、思った以上に時間がかかる場合があるんだな、と思いました。悩んでいる方は勇気を持って、まずは歯医者へ行き、矯正の方法やざっくりとした治療の段取りと期間について話を聞くことをおすすめします!

閲覧注意!矯正前の歯並びはこちら(ボヤボヤですが、、、)

目次

歯科矯正 初めての診察へ

2020年8月頃だったかと思います。地元に歯科矯正に定評のある歯医者があったので、まずは初回診察に行きました。初回の診察では、ざっくりとした治療方法や料金説明がありました。
元々こちらの歯医者で行うつもりがあったので、そのまま歯科矯正を開始する旨を伝えると、まずはブランケットをつける前に虫歯の治療と抜歯を行う必要があるというご説明を受けました。
そのまま虫歯チェックをしてもらい、残念ながら虫歯があったので、、虫歯治療の予約を取りました。
虫歯治療の後に抜歯を行うとのことだったので、そのまま抜歯の予約も完了。

抜歯については、上の歯の左右5番目の歯を抜歯。下の歯は左右の親知らずを抜歯することになりました。計4本です。
何故5番目の歯が選ばれたのかという理由は、治療の方針と、歯の根っこの深さを参考にしているそうで、根っこが深い歯は丈夫なので残した方が良いため、根っこの浅い歯を抜くそうです。
また、下の歯は親知らずを抜くことになったのですが、なんと、横に生えている&歯茎に埋まっているという最悪なパターン、、、。こちらは矯正の予定がなくても抜くべきとのこと。切開して抜くことになりました。(ひえ〜)切開する親知らずに関しては両方一気に抜くと大変なので、1ヶ月に一回、片方ずつ抜くことになりました。

8月に初回診察をしたものの、虫歯治療や抜歯を行うということで、実際に矯正を始められるのは冬ごろになるとのことでした。思ったより遅くなっちゃうな、、と思ったのを覚えています
迷っている方はとりあえず初回診察に早めに行くことをおすすめします。笑 虫歯などの治療をしてからでも、決断は遅くありません!(支払いタイミングは注意)

虫歯治療へ

初回検診の後、8月か9月あたりに虫歯の治療を実施。
確か3つくらいありました、、、笑
1箇所、深めのところがあったようでかなり痛くて、途中で麻酔を打ってもらいました。

抜歯1回目 まさかの、、

虫歯治療の後、10月初め頃に1回目の抜歯を実施。抜歯は、下の親知らず×2回と、上の抜歯左右同時に1回で合わせて3回の予約を取っていました。
抜歯1回目は下の親知らず左側。切開もするということで怖いな、、と思いながら治療が始まりました。

実際に治療が始まってみると、麻酔をしているにもかかわらず結構な痛み。途中で麻酔を追加してもらいました。
麻酔を追加した後は、あまり痛くなかったですが、歯が横に生えていたので、削ったり掘り起こしたり(?)しているときに顎にものすごい力がかかっていたのは辛かったです笑
1時間くらい経過し、ようやく抜歯が完了。顎も疲れ、出血も多く、口の奥が変な感じでした。
よかった終わりだ、、、と思った時。歯医者さんから「もう一個も取っちゃおうか」と衝撃の一言。
でもあまり痛くなかったし、いいか、、と思い、承諾しました。そして1時間ほどかけて、右側の親知らずも抜歯することとなりました。
(家に帰ってから、大変後悔することになります、、)

親知らず抜歯後

家に帰っても出血が止まらず、口の中が悲惨なことに、、
両側抜いたので、なおさら出血量が多くなってしまいました。(両方とも歯茎を切開)
そして1時間後くらい。麻酔が切れて痛みがピークに。本当に今まで感じたことがない凄まじい痛みでした(涙)
口?歯?の痛みって独特ですね、、。怪我とかの痛みとは違って、頭まで響いてくる感じというか、、。とにかく本当に辛かったです。
数時間後には両顎が痛くて口が全く開かなくなってしまいました。ウィダーセリーすら飲めない泣
食欲旺盛だった私には辛い期間でした。

5日後くらい経った頃、やっと口が開くようになってきて、シチューを飲むことができてとっっても嬉しかったことを覚えています。感動のシチューでした。笑

2週間くらいで完全に痛みがなくなりましたが、奥の抜歯&切開した歯茎がなかなか埋まらず、凹んでいて、ずっと変な感じで嫌だったのを覚えています、、。

抜歯2回目

本当は下の親知らず2回目を実施するはずでしたが、前回の予約で左右一気に抜いてしまったので、抜歯2回目の予約で上の歯2本の抜歯をすることになりました。
親知らず2本抜いたのは辛かったですが、矯正する日が早まったのはよかったです。
上の歯の抜歯は、親知らずとは比べものにならないくらいサッと抜いてもらい、すぐにご飯も食べることができました。

こうして抜歯まで終えて、12月に矯正をスタートすることになりました。
ここまでの道のりが長かった、、、(矯正生活振り返っても親知らず抜歯が一番きつかったです)

次のブログから矯正生活を書いていきます!

次回 初めてのブランケット&ワイヤー装着に関する記事はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次