【大人の歯科矯正】20代女性の歯科矯正体験記 調整3回目 歯が動いてきて効果を実感

  • URLをコピーしました!

こんにちは。同棲ブログを書いているミツです。
この記事では、私の歯科矯正体験記として、3回目の調整を行った時のことを書いています。
矯正器具を装着したのが12月で、3回目の調整は3月末でした。
3ヶ月強でどれくらい変化があるのでしょうか。早速見ていきたいと思います。

目次

3回目調整の感想

3回目の調整の段階では、かなり口内炎も減ってきました。
器具を付けたばかりの頃は、「口を閉じれない」と驚くくらい違和感がありましたが、
3ヶ月目になると矯正があることが当たり前になっていました。

また、前回の記事では書いていなかったのですが、3回目の調整に向けて、上の歯と下の歯を結ぶかたちで、左右3番目の歯にゴムを装着していました。
このゴムを装着すると、上下にゴムが掛かっているため口が空かなくなります。そのため、寝る時のみ装着していました。
このゴムは、なかなか強く引っ張られて痛かったのですが、歯並びが綺麗になるための次のステップへ進めた気がして嬉しかったのを覚えています(笑)

それでは、このゴムがどれくらい効果を得たのか見ていきたいと思います!

このあと、口内の写真があります

前回(2回目調整)の写真

まずは前回の写真から見ていきたいと思います。

正面から見ていきます。

続いて左右から撮影した写真です。

左から撮影した写真です
右から撮影した写真です

最後に上の歯と下の歯の全体を撮影した写真です

上の歯です
下の歯です

以上が前回(矯正2ヶ月目・2回目調整)の写真です。
前回の時点でそこそこ八重歯が下に降りてきていますね。
下の歯は依然ガタガタです。しかし、前歯が凹んでいた部分が少し改善されて前に出てきています。
そのおかげで、下の歯を上から撮影した全体写真では、下の歯が四角く並んでいるように見えます(笑)

3回目調整後の写真

それでは、3回目調整後の写真を見ていきましょう。
3ヶ月でどれくらい変化があるのでしょうか。

まずは正面から撮影した写真です。

八重歯が下に降りてきて、上の歯のワイヤーが真っ直ぐになってきました!これは嬉しい変化です。
隠れていた2番目の歯も、だいぶ表に出てきました!それに伴い、1番目と3番目の間につけていたネジが外れました!これだけでも口のスペースに余裕ができるので嬉しいです笑
ずっと1番目の歯に2番目の歯が隠れていたので、2番目の歯がゆっくり出てくるうちに、愛着が湧いてきました(笑)
また、下の歯も上下にガタガタでしたが、かなり改善されたかと思います。特にゴムを上下に装着していた3番目の歯は、かなり効果が出ています。

続いて左から撮影した写真です。

左側はだいぶ上下の間が埋まってきました。ゴムの効果ですね。

続いて右側の写真を見ていきます。

右側も八重歯が降りてきてかなり間が埋まってきました。
もう少し下の歯も上に持ち上がってくれば、上下の間も埋まりそうです。

次に上の歯の全体写真を見てみたいと思います。

下から全体を撮影してみると、右側の3番目(八重歯)のまわりだけ、まだ隙間がかなり残っているのがわかります。左側は、抜いた部分のスペースがちゃんと埋まっていますね。
右側も、2番目の歯がしっかり表に出てくれば埋まっていきそうな感じです。

最後に下の歯の全体写真を見ていきます。

前回の写真ではかなり四角い配置になっていましたが、前歯が正常な場所に動いてきたため、だいぶ丸みのある配置になってきました(笑)
このように上から全体を見てみると、左側の5、6番目あたりが少し凹んでいますね。
それにしても、だいぶ正常なかたちになってきました!

3回目調整後の写真は以上です。
3ヶ月でこんなに変化があることに、かなり驚いたことを覚えています。
これからもっともっと綺麗になっていくぞ!!と期待が膨らみました。

また、次回の記事でも、写真を比較しながらご紹介していきたいと思います!
よろしければ、是非ご覧ください!:)

次回(4回目調整)の記事はこちら↓

前回(2回目調整)の記事はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次